ずぶの素人がITでビジネスを作り上げるまで

ITビジネスの話から小ネタまで集めました

未分類

OODA(ウーダ)が仕事のやり方を変える

投稿日:

最近、よく話題になるOODAループ。

Observe :観察する
Orient    :方向付けする
Decide   :決める
Act        :行動する

意思決定と行動を素早く行うための思考を表している。

似たような概念(というか同じ4文字アルファベット仲間の)
PDCA(Plan,Do,Check,Action)と比較されるが、
その違いを簡単に言うと、「粒度」だと思っていいだろう。

一般的にPDCAサイクルと言うと、それなりの期間を要することが多い。
1サイクル回すのに数ヶ月とか、1年間かけて実行される。
時には、Plan ばっかりしていていつまで経ってもDoをしないケースや、
Doばっかりしていて、CheckやActionをせずに放置するケースなど、
PDCAサイクルが崩壊するケースは何度もよく見ていることだろう。
もはやPDCAは、その響きの良さからプレゼン資料に使われるだけの「幻想」の言葉になっているかもしれない。

一方、OODAサイクルとは、もっと短いサイクルのことを指すことが多い。
時には、打ち合わせなど会話の中でも何回も回していく思考法だ。
・相手が言っている内容を聞き(Observe)、
・その内容の背景や状況と自分の考えを鑑みて(Orient)、
・自分が取るべき行動を決めて(Decide)、
・話す、行動する(Action)

これはもはや誰もがやっている「当たり前」の思考とも言える。

だが、意外と難しい。出来ていると思っている人も本当にこれが出来ているか今一度、自問自答してみると良いだろう。

陥りやすいケースとして、特にOrientが出来ずに、ただひたすら自分よがりの発言をするパターンはよく見かける。相手の意見に一呼吸置いてから話すと良いだろう。

OODAは仕事をする上での基本の思考であるので、たまに立ち止まって、これが出来ているか?をチェックしてみると良いだろう。

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

slackからメール送信する方法