ずぶの素人がITでビジネスを作り上げるまで

ITビジネスの話から小ネタまで集めました

未分類

ロリポップの自分のサイトをHTTPS化する

投稿日:

グーグルが検索のインデックスにHTTPSのサイトを優先すると発表して何年も経つが、これといって大きな動きはなく、HTTPSに変更するのを躊躇するサイト管理者も多いことだろう。私もその一人で、HTTPSにするという事はURLが変わるということだから、これまでのサイトの歴史が無くなる、とか、グーグルからの評価も下がるかもしれない、とか、それなりの不安やリスクがある。

とは言いつつも、はたしてこのままHTTPを続けても良いはずがないので、どこかのタイミングでHTTPSに切り替えるのが良いだろう、だったら早い方が良いはず!と思い立ち、ついに重い腰を上げてHTTPS化を進めることを決意しました。

私の持っている環境は以下です。これに近い方でこれからHTTPS化を進める人にとっては参考になると思います。

  • レンタルサーバー「ロリポップ」を使用
  • 独自ドメインを持っている
  • htmlなどコードをゴリゴリ書いて作っている
  • google adsense を使っている
  • google search console(ウェブマスターツール)を使っている
  • google analytics を使っている

やることリスト

  1. 自分のサイトに存在するリンクにhttpがあるかチェックする(google adsense対応含む)
  2. ロリポップで独自SSLを設定する
  3. 301リダイレクトを設定する
  4. google search console の設定
  5. google analytics の設定

では、さっそくやってみましょう。

自分のサイトにあるhttp://〜をチェックして、https://~に変更する

なぜこんなことをやらないといけないのか?というと、そもそもHTTPS化することは、通信を暗号化することでセキュアで「安心」なサイトにすることが目的なわけで、そのセキュアなサイトなのに、HTTPの安心できないサイトをリンクすることは不合理だという考え方です。ずぶな素人の我々には「なんのこっちゃ」ということだが、ここはもうルールだと思ってやるしかない。

で、重要なのは「Google adsense」だ。

アドセンスのコードをサイトにコピペしているでしょうが、そこに「http://pagead2~」のようなhttp://で始まる記述があったらダメ。このままだと広告が表示されない。対処方としては、コードを取得しなおすこと。最新のコードを取得すると、「http://pagead2~」の記述ではなく、「//pagead2~」のようにhttp:の記載がないものになっており、これは、httpでもhttpsでもどっちでもいけるよ ということなので、HTTPS化をやる前にやってしまいましょう。

ロリポップで独自SSLを設定する

注意!!
ここからは後戻りが出来ずらくなるので、今一度、前工程の作業にやり残しがないか?これからやることの作業が頭に入っているか?を確認してから次へ進みましょう。

ロリポップのユーザー専用画面を開き、
「セキュリティ」ー「独自SSL証明書導入」をクリックします。
独自SSL(無料)の記載のところで、「SSL保護されていないドメイン」のタブメニューが選択されていることを確認し、対象の自分の独自ドメインを選択し、「独自SSL(無料)を設定する」ボタンをクリックします。

(しばし待つ)

以上です。

これで、https:~のサイトにアクセスできるようになりました。
今までのhttp://~ も見れるので、2つのサイトが共存していることになります。http://~の方は削除する必要はなく、この共存関係は今後も継続していてOKです。

とはいいつつ、せっかく作ったhttps:~の方が使われるようにしていきたいので、次の作業「301リダイレクト」を行うことになります。

301リダイレクトを設定する

http:~でアクセスされた際に、https:~の方に強制的に画面遷移するようにします。そうすることでhttps:~の方に集約をかけていきます。「301」というのは、以前のページ(http:~)のGoogleの評価を新しいページ(https:~)に引き継ぎますよ という効果があり、Googleが推奨している方式とのこと。

では、やり方です。

色々な方法はありますが、最も簡単だと思う.htaccessを使う方法を紹介します。

以下のテキストファイルを作成します。

 

適当な名前(htaccess.txt とか)でファイル保存し、ロリポップサーバーにアップロードします。(ロリポップ!FTPを使えばOK。301リダイレクトさせたい対象ドメインのフォルダにアップロードします。なお、その下位のフォルダは全て301リダイレクトの対象になるので1ファイルだけ置けばOK。)

アップロードできたら、ファイル名を「.htaccess」に変更します。

これで作業は完了。

http://でアクセスすると、強制的に画面遷移し、https://~ に飛ぶようになりました。これで実質https://~に集約されたことになります。

google search console の設定

次に、Google search console の設定です。googleに、https://~のサイトは自分のものですよ、ということを明確にしてあげます。

(Google search console で、http://~のサイトを既に登録してある方が対象です。もし、登録してないならこの際に登録しても良いと思います。)

search console のホーム画面で、「プロパティ追加」のボタンを押してhttps://~のサイトを登録します。これで、http://~と、https://~の両方が登録されたことになるかと思います。これでOKです。

あとは、search console上で、http://~の設定したのと同じように、https://~の方も設定してあげましょう。(私の場合は、サイトマップを、https//~の方でファイルを作成して送信しました)

google analytics の設定

Google analytics を使っている人が対象です。

アナリティクスの管理画面の設定画面を開き、プロパティとビューの設定を変更します。

URLを設定する箇所が以下のようにあるので、httpsの方を選択しましょう。

 

 

 

 

すぐに設定は反映されるので、リアルタイム表示の画面を使い、https://~の画面を開いたら反応するか確認してみましょう。

最後に

ロリポップでサイト管理している方の、HTTPS化の設定は以上です。

素人でも出来ましたが、少しコツが無いと手間取る箇所もあり、多少の参考になるかと思い公開しました。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

OODA(ウーダ)が仕事のやり方を変える

最近、よく話題になるOODAループ。 Observe :観察する Orient    :方向付けする Decide   :決める Act        :行動する 意思決定と行動を素早く行うための思考 …

WindowsのタスクスケジューラでPHPを稼働させる(IEで特定ページを開いて閉じる)

稼働させたいPHPを作っておく 最後に自分自身を閉じる記述をしておきましょう。 <script language=’javascript’ type=’tex …

QCD。大事なのは・・

もちろん全部大事。 あなたがプロジェクトリーダーだとすれば、QCDをバランスよく配分することを求められるだろう。 だけど、新しいプロダクトやサービスを立ち上げる場合、優先すべき順番がある。 基本は顧客 …

価値検証実践。夫婦喧嘩をなくす!家事分担を明確にすることで解決できるのか?

キレる奥さん、怒られる旦那さん 子供を育てながら共働きをする夫婦も多くなった。 夫婦協力して家事や育児をしていくことが望まれるが、 日本の昔ながらの風習もあり、奥さんの方が家事や育児をメインに行うこと …

遊園地の料金システム、いいかげんにしてほしい。

家族連れや恋人同士、友人同士で賑わう「遊園地」。 その料金システムはその施設によって様々だが、 もうそろそろ顧客視点での変革が求められているのではないか? 現状の料金システムのパターンは主に以下の三つ …